スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊麗なる和のビーナス 聖林寺の十一面観音 (産経新聞)

【麗し大和】(4)

 ふわり、天から舞い降りたようなかろやかさ。豊満なのに、スレンダー。天平彫刻の傑作とされる聖林寺(しょうりんじ)の十一面観音立像(国宝)は、時にミロのビーナスと比較されるのもなるほどと思われた。人のかたちを借りながら、この世のものではない美が宿る。

 三輪山の南にある聖林寺は、卑弥呼の墓かと話題の箸墓(はしはか)古墳や桜井市内を見渡す地に建つ小さな寺だ。本尊は別にあって、子授けで知られる地蔵菩薩。戌の日に安産・子授けの祈祷(きとう)を願う人も多い。奈良市街から電車とバスを乗り継いで小1時間、小川を渡って狭く急な坂を上ると、苔(こけ)むした寺の石垣が見えてくる。

 「神々しい威厳と、人間のものならぬ美しさ」。倫理学者、和辻哲郎は名著「古寺巡礼」のなかで、熱狂的ともいえる筆致で観音像を賛美し、写実と理想の結晶と述べた。白洲正子は昭和初期から何度も訪れ、「私の一番好きな仏さま」と呼んでいる。審美眼に優れた彼らをそれほど引きつけた観音像。その歴史もまた、興味深い。

 つくられたのは8世紀半ば。三輪山をご神体とする大神神社(おおみわじんじゃ)の神宮寺(付属寺院)にあったが、明治の神仏分離令で聖林寺に移された。うち捨てられていたとの逸話もあるが、寺に預証文もあるというから、やはり大切に扱われたに違いない。

 安らかなお顔を眺めていると、安住の地を求め、観音自らこの寺を選んだように思えた。(文 山上直子、撮影 大塚聡彦)

【関連記事】
長谷寺の観音さまの足に触れてみた 
龍馬ゆかりの鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件 
紅白歌合戦 仰天「メガ幸子」はこうやって生まれた!!
重文の観音像を盗んだ容疑で43歳会社員の男を逮捕 福岡
ケロロ軍曹、切手に登場 来年1月22日に発売

都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)
【施政方針演説】全文(6) 世界に新たな価値を発信する日本「文化融合の国」(産経新聞)
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)
小山登美夫ギャラリー「名知聡子展」 東京・清澄(産経新聞)
小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)
スポンサーサイト

個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける-「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)

 昨年8月の衆院選投票日前、和歌山市が市内22カ所の個人宅に投票箱を配送し、投票日まで預けていたことが21日、分かった。同市選挙管理委員会は選挙のたびに実施しており、長年引き継がれてきたと説明。今後は保管方法を考えたいとしている。
 市選管によると、昨年8月30日の衆院選投票日前までに、投票所に当てられる学校などに近い個人宅22軒に投票箱各3個を業者を使って配送した。投票箱は投票日当日か前日、市職員が引き取り、投票所に設置したという。
 送り先は市選管で引き継がれたリストに基づいて選び、事前に文書を送っていたという。ただ、各戸に承諾を得るようなことはしておらず、投票箱が届いた住民の中には、驚いて苦情を申し入れた人もいた。
 市選管は理由について「選挙当日は朝が早い」「投票所が前日に使用されているケースもあるため」と説明。いつから続いているか、はっきりしないとしている。
 投票箱を預かった同市の男性は「父の世代から引き受けており、50年近くになるのではないか」と話した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
横浜市瀬谷区の民家全焼2人遺体みつかる 母と娘か(産経新聞)
自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)

小沢氏、幹事長続投を表明=鳩山首相「潔白信じたい」(時事通信)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)は23日夜、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、小沢氏本人が事情聴取を受けたことについて、記者団に対し「自分の身は潔白だと言っていたから、そのことを信じたい」と述べた。小沢氏は都内で記者会見し、「自分自身としては与えられた職責を全うしていきたい」として、幹事長を続投する考えを明らかにした。
 捜査の展開次第では、自民党など野党が攻勢を強め、2010年度予算案などの国会審議で混乱が生じるなど、首相の政権運営に大きな影響を与えそうだ。民主党内で小沢氏の進退問題が再燃する可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
車内に2人組の男、カーナビ奪い逃走 大阪・岸和田(産経新聞)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)

<鳩山首相>「小沢氏聴取判断、ご自身で」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じる方針を固めたことについて「(聴取を)受けるか受けないかという話は、小沢幹事長ご自身が判断されることだ」と述べた。

【関連ニュース】
小沢氏聴取要請:首相「必要に応じ自身で判断を」
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
名護市長選:首相、移設検討への影響の可能性認める
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

ヒマラヤ氷河「2035年消失」は誤り(産経新聞)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
<迷惑メール>熊本・山鹿副市長らに大量送付 兄弟を逮捕(毎日新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>農林水産祭受賞者らと懇談(毎日新聞)
プロフィール

はんざわりょう

Author:はんざわりょう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。